読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありをりはべり

日常のひきこもごも

別れの淵

 

近い身内の間で、別れが続いている。

 

先日は祖父が亡くなり、昨日帰省し告別式を終えたところである。

 

祖父は92歳の大往生でこの世を去った。肺炎で入退院を繰り返したが、入院中は色々と文句を言いながらも毎日面会にくる家族に支えられ、最期は洗髪中に、とても穏やかな表情で息を引き取ったという。

 

告別式の日。天気予報では雨であったが、日中は晴天がつづき、祖父の遺骨を納めた夕方には空は鮮やかな夕焼けで彩られた。

そして夜には闇の中に無数の星が瞬き、九州から訪れた兄嫁は満天の星空に感動した。

 

 

こうした悲しみのふちにも、どこか穏やかな救いがあること。

それは祖父からの、ある意味贈りもののようにも感じた。

 

 

祖父の訃報を受け帰省する前日には、不思議な縁というか、予期せぬ再会があった。

6年ぶりに見るその人は以前と変わらず優しげな目元をして、けれど目の前の出来事に目を赤らめ、震えていた。

ここにきたら私に会えると思って、と掠れた声で言われたとき、真っ白で、なにも刻まれていなかった6年間がいとも簡単に縮まった気持ちになった。

 

だが同時に、今やもう私を取り巻く状況も、私とその人との関係性も全く違うものになったのだと、気付いた。

 

 

 

人の命は、あっけない、と思う。

そしてなんて尊いものなのか、とも。

 

つながれてきた命が、あとどれほどのものか分からない人生のなかに、幾重にも交差していく。

 

今度、また逢えたとき

幸せな報告ができるだろうか。

そう思って、いや、私は今も幸せなんだとはっとして、すこし可笑しい気持ちになった。

 

思い出は、時間を飛び越えて今もやはりその姿を残すが

生まれも境遇も趣味も全く重ならないというのに、不器用ながらも精一杯向き合いたいと思うただ一人から、私はもう、手を離すことができない。

 

そう言って思いを伝えても、きっとしずかに笑うだけだろうけども。

 

 

温もりと、悲しみの連鎖。

 

私は私の大切な人のために

もう、進まなければならない。

 

 

 

 

 

 


Art&Music Porcupine vol.2 / ビューティフルハミングバード/「夜明けの歌 ...